人気ブログランキング |


図工の題材や教材、指導について、日頃の授業の様子から紹介しています。


by tamamushi

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
授業風景
作品
お知らせ
報告
日記
道具や素材
今日の授業
研究会
おすすめ
未分類

以前の記事

2018年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2011年 04月
2009年 06月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月

フォロー中のブログ

都図研研究局
おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
第8回 図工だいすき子ど...
美術と自然と教育と
図工準備室
K&K+k&aの生活
ハートでアート
「図工・美術教育」 子育...
フォルカーの部屋 Wha...
Dolce Vita ~...
むしとりだいすき
図工の時間
40゜&Yoo
いわいさんちweb
かたちと いろの おまつり

リンク

ライフログ


子どもの絵の発達過程―全心身的活動から視覚的統合へ


明和電機 魚コードのできるまで


小学校図画工作科ワクワクのびのび造形遊び―総合的な学習に生かす35の実践


トントンギコギコ図工の時間


乳いろの花の庭から


希望の美術・協働の夢 北川フラムの40年 1965-2004


夏の砦


BBC ウォーキング with ダイナソー~恐竜時代 太古の海へ


明和電機のナンセンス楽器


学校で用いる文具・道具の使い方早わかり (教育技術MOOK COMPACT64)


図工室にいこう―こどもがつくるたのしい時間


虫捕る子だけが生き残る~「脳化社会」の子どもたちに未来はあるのか~ (小学館101新書)


図工室にいこう 2 アートが生み出す子どもの未来


アートフル図工の授業―子どもをひらく題材ノート


きみはなまいきなかみさまだ―谷川俊太郎と子どもたち (子どもの詩の絵本)


子ども主義宣言―子どもたちのリアルと図工の時間


美術手帖 2014年 05月号 [雑誌]

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

教育・学校
アート・デザイン

画像一覧

2009/01/30(3年生・6年生)

d0005186_2256029.jpg1・2時間目の3年生は、「長い絵」。画用紙を縦に半分に切ってつないだ細長い紙に好きなものを描きます。写真の子どもは、夢中にネコの絵を描いていて途中段階がものすごく素敵な雰囲気。こんな時は、教師側は余計な「作品主義的」な意識が働いて、「ここで止めてくれ」などと子どもに提案して、途中の作品を完成に仕立ててしまいたくなりますが、そんな気持ちをグッと抑えて今後の展開を見守りました。


d0005186_22563741.jpgこちらは、初めから「何描いたらいいかわからない」と困っていた子ども。新幹線は、スルスルッと描きましたがその後に行き詰まった状態。向かいの友だちが、パステルを手に塗りつけてペタペタとやっていたのを見て自分もやってみたら、パッとひらめいて、空一面に「オーロラ」を描きまくっていきました。友だちの行為をみて自分の表現が広がってことは図工の時間には数多く見られますね。


d0005186_22571142.jpg6年生の木彫カガミも中盤を過ぎて、それぞれの作品に表情をつけていく段階です。やげん彫りや片切彫りでかたちを浮き上がらせるだけでは、表現としては無機質でもの足りません。モチーフの持っている質感や奥行きをイメージして、表情を豊かにしていくことが必要です。このあたりは、子どもの持っているセンスや好みをこちらが判断しながら、丁寧に表現方法を指導していくことになります。
by es36_zuko | 2009-01-30 22:53 | 今日の授業