人気ブログランキング |


図工の題材や教材、指導について、日頃の授業の様子から紹介しています。


by tamamushi

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
授業風景
作品
お知らせ
報告
日記
道具や素材
今日の授業
研究会
おすすめ
未分類

以前の記事

2018年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2011年 04月
2009年 06月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月

フォロー中のブログ

都図研研究局
おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
第8回 図工だいすき子ど...
美術と自然と教育と
図工準備室
K&K+k&aの生活
ハートでアート
「図工・美術教育」 子育...
フォルカーの部屋 Wha...
Dolce Vita ~...
むしとりだいすき
図工の時間
40゜&Yoo
いわいさんちweb
かたちと いろの おまつり

リンク

ライフログ


子どもの絵の発達過程―全心身的活動から視覚的統合へ


明和電機 魚コードのできるまで


小学校図画工作科ワクワクのびのび造形遊び―総合的な学習に生かす35の実践


トントンギコギコ図工の時間


乳いろの花の庭から


希望の美術・協働の夢 北川フラムの40年 1965-2004


夏の砦


BBC ウォーキング with ダイナソー~恐竜時代 太古の海へ


明和電機のナンセンス楽器


学校で用いる文具・道具の使い方早わかり (教育技術MOOK COMPACT64)


図工室にいこう―こどもがつくるたのしい時間


虫捕る子だけが生き残る~「脳化社会」の子どもたちに未来はあるのか~ (小学館101新書)


図工室にいこう 2 アートが生み出す子どもの未来


アートフル図工の授業―子どもをひらく題材ノート


きみはなまいきなかみさまだ―谷川俊太郎と子どもたち (子どもの詩の絵本)


子ども主義宣言―子どもたちのリアルと図工の時間


美術手帖 2014年 05月号 [雑誌]

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

教育・学校
アート・デザイン

画像一覧

2008/10/08 (3年生・5年生)

d0005186_020916.jpg1・2時間目、3年生は造形遊びの「せいくらべ」。昨日の反省を活かして、今日は、導入時に2つのポイントを伝えました。1つは、下の方を太めで頑丈にすること。2つ目は、上に行くにつれて軽く小さめにすること。この2点は、「崩壊」を極力少なくして、上へ上へとかたちを立ち上げるために物理的に必要なことだと思ったからです。これを伝えなかった昨日の授業では、ビルのような形状のものが多く、そのため上部が重くなり土台部分が崩れていく傾向がありました。
今日の授業では、写真のような相当太めな基礎をつくる子どももいて、構造を工夫しながら活動している様子がみられました。


d0005186_0295332.jpg割と順調に進み、授業の中程では、写真のように身長に達しそうなものをつくる子どもも何人かでてきました。それにしても、全く教えていないのに筋かいのような構造を使いだしたりしていて、こういう活動が試行と工夫の連続であることがわかります。どこかでこういう構造を目にしているのかも知れませんが、それをこうしてふさわしい機会につかっていくところに驚きを感じます。


d0005186_0392137.jpg気ままにかたちをつなげて立ち上げているようにみえますが、そこまでには何度も崩壊しそうな挫折を感じつつも、その問題を解決していこうとする思考や工夫が沸き上がり、子どもの生きる力に生まれ変わっていきます。


d0005186_0515432.jpg授業の最後は、みんなの作品を写真に撮り、この写真のように図工室前の広場につり下げて展示しました。残念なことに、今日はこのあと雨が降り出して急いで片づけることになってしまい、あまり多くの人にはみせてあげられませんでした。


d0005186_0585319.jpg3・4時間目は5年生。「タワーオブテラー」の2回目。先週は、苦労しながらも枠組みだけはつくったので、今日からいよいよコースづくりに入りました。
写真の作品は、細く切った2本の紙のレールの間をビー玉が通るもの。ものすごく危うい構造に挑戦しています。でも上手に通過していきました。


d0005186_114969.jpgこちらもまた突飛なアイデアの作品。コースの上を口のあいた円形のボール紙(セロテープの芯)が通過して、中に入り込んだビー玉を運んでいきます。文で説明できないほどの仕掛けです。「初っぱなからこんなハードルの高い仕掛けをつくると苦労するよ」と言いましたが、かえってやる気を誘ったらしいです。

それにしても、この題材は子どもたちが自分の作品のことをよく語ります。
by es36_zuko | 2008-10-08 23:00 | 今日の授業