図工の題材や教材、指導について、日頃の授業の様子から紹介しています。


by tamamushi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
授業風景
作品
お知らせ
報告
日記
道具や素材
今日の授業
研究会
おすすめ
未分類

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2011年 04月
2009年 06月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月

フォロー中のブログ

都図研研究局
おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
第8回 図工だいすき子ど...
美術と自然と教育と
図工準備室
K&K+k&aの生活
ハートでアート
「図工・美術教育」 子育...
フォルカーの部屋 Wha...
Dolce Vita ~...
むしとりだいすき
図工の時間
40゜&Yoo
いわいさんちweb
かたちと いろの おまつり

リンク

ライフログ


子どもの絵の発達過程―全心身的活動から視覚的統合へ


明和電機 魚コードのできるまで


小学校図画工作科ワクワクのびのび造形遊び―総合的な学習に生かす35の実践


トントンギコギコ図工の時間


乳いろの花の庭から


希望の美術・協働の夢 北川フラムの40年 1965-2004


夏の砦


BBC ウォーキング with ダイナソー~恐竜時代 太古の海へ


明和電機のナンセンス楽器


学校で用いる文具・道具の使い方早わかり (教育技術MOOK COMPACT64)


図工室にいこう―こどもがつくるたのしい時間


虫捕る子だけが生き残る~「脳化社会」の子どもたちに未来はあるのか~ (小学館101新書)


図工室にいこう 2 アートが生み出す子どもの未来


アートフル図工の授業―子どもをひらく題材ノート


きみはなまいきなかみさまだ―谷川俊太郎と子どもたち (子どもの詩の絵本)


子ども主義宣言―子どもたちのリアルと図工の時間


美術手帖 2014年 05月号 [雑誌]

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

教育・学校
アート・デザイン

画像一覧

2013/4/25 2年生(1・2と3・4時間目)

「ながーい絵」(2年生 3時間)

先週は、遠足が入っていて授業が無かったので、子どもたちは図工室に入ってくると「今日なにやるの?」と言ってきます。
「前回の続きだよぉ」
と言っても、
「なんだっけ?」という感じ。


d0005186_16405080.jpg大抵の子どもは、1回の授業で気持ちは完結していることが多くて、「続き」として描いていくときは、導入でその日の「学習の目標」を示したり、新しい材料を提供したり、何かしらの方法を提案したりと、それぞれの工夫を考えることができるように設定する必要があります。


d0005186_16405552.jpg今回は、新しい絵の具「スライム絵の具」を用意して、「ちょっと使ってみたいな」という気持ちが起きるように工夫しました。
「スライム絵の具」は洗濯のりに染料を混ぜた特別絵の具です。


d0005186_16405428.jpg「スライム絵の具」を使うと、普通の絵の具はで出しにくい微妙で透明な色ですから、全体のバルールを落ち着かせる効果があります。


d0005186_16405850.jpg広いところに使うと空気感が表現できます。


d0005186_16405852.jpg今日は、「新しい方法」として「重ねて描く」ということを提案しています。
「前回描いたところは乾いているので、重ねるチャンスだね」ということで、一度描いたところに上から重ねて描くことができることを教えています。
技法としては「当たり前」のことかもしれませんが、案外みんな考えていません。


d0005186_1641128.jpg今回でみんな完成できました。
写真は富士山。
長い紙に描くと新鮮なフォルムになってみえますね。(*^_^*)
by es36_zuko | 2013-04-25 16:31 | 授業風景