図工の題材や教材、指導について、日頃の授業の様子から紹介しています。


by tamamushi

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
授業風景
作品
お知らせ
報告
日記
道具や素材
今日の授業
研究会
おすすめ
未分類

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2011年 04月
2009年 06月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月

フォロー中のブログ

都図研研究局
おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
第8回 図工だいすき子ど...
美術と自然と教育と
図工準備室
K&K+k&aの生活
ハートでアート
「図工・美術教育」 子育...
フォルカーの部屋 Wha...
Dolce Vita ~...
むしとりだいすき
図工の時間
40゜&Yoo
いわいさんちweb
かたちと いろの おまつり

リンク

ライフログ


子どもの絵の発達過程―全心身的活動から視覚的統合へ


明和電機 魚コードのできるまで


小学校図画工作科ワクワクのびのび造形遊び―総合的な学習に生かす35の実践


トントンギコギコ図工の時間


乳いろの花の庭から


希望の美術・協働の夢 北川フラムの40年 1965-2004


夏の砦


BBC ウォーキング with ダイナソー~恐竜時代 太古の海へ


明和電機のナンセンス楽器


学校で用いる文具・道具の使い方早わかり (教育技術MOOK COMPACT64)


図工室にいこう―こどもがつくるたのしい時間


虫捕る子だけが生き残る~「脳化社会」の子どもたちに未来はあるのか~ (小学館101新書)


図工室にいこう 2 アートが生み出す子どもの未来


アートフル図工の授業―子どもをひらく題材ノート


きみはなまいきなかみさまだ―谷川俊太郎と子どもたち (子どもの詩の絵本)


子ども主義宣言―子どもたちのリアルと図工の時間


美術手帖 2014年 05月号 [雑誌]

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

教育・学校
アート・デザイン

画像一覧

<   2008年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧

2008/06/30 (4年生/6年生)

d0005186_2372514.jpg4年生、「ビーンズ鉄道」。今日で最後だよ、ということで授業が始まりました。最後とあって、みんないつもより真剣モード。一生懸命制作しています。ほとんどできあがっている人もいれば、今日だけではできあがらない様子の人もいます。内心は、来週の1時間目まではつくっていいかな、くらいの気持ちですが、少々焦らせたい気持ちもあります。


d0005186_23134597.jpgこの時間は、「先生みて!」と声をかけてくる子どもが多いです。かなり細部に入れ込んで、自分の凝ったところを観てもらいたいのだと思います。
この作品もそういう声をかけてくれた子どもの作品。虹色のトンネルを宙に向けて列車が走ります。つくった子どもの思いが伝わってくる表現です。


d0005186_2317784.jpg3時間目は6年生の「さまよえるオランダ人」の写真撮影会。いろいろな角度や細部を撮影していきます。デジカメのモニタに映し出される作品をみていると改めて作品の持つドラマを実感でき、その魅力に引き込まれています。
モニタに切り取られた空間によって、かえって現実の世界から離れた「幽霊船」のドラマが極だって来ますね。


d0005186_2322215.jpgこのカメラのモニタの世界を、できれば子どもたち全員といっしょに味わうために、PCルームで作品写真鑑賞会なんていうのもいいですね。実物を鑑賞するのも良いですが、逆にこうして写真によって現実の世界から離れたものによって見えてくるストーリーもあるのではないでしょうか。


d0005186_23263059.jpg撮影会が終わってから、卒業アルバム用の表紙を制作しました。毎年、同じ題材を行っています。まず今回は、6年間の1年1年を1色ずつにイメージして、ヘラを用いて絵の具を専用用紙に塗り重ねていきます。
「1年生の時の色は何色?…」といったようなことを真剣に考えていきました。
by es36_zuko | 2008-06-30 23:31 | 今日の授業 | Comments(0)

2008/06/27 (3年生/6年生)

d0005186_8511212.jpg3年生の3クラス目も今日で「ビーンズハウス」最終回です。今日は、写真撮影と「ビーンズタウン」。
作品は、様々な角度から作品を写します。細部は大変大切な要素。子どもたちの思いがこもっているところを見逃さずに写します。


d0005186_854866.jpgビーンズタウンは写真撮影の間に班ごとでつくって遊び、ピンポンくんをつかって色々な人のビーンズハウスを訪問します。写真撮影が終わった後、片付けが一番早かった班に全員のビーンズハウスを集めて大ビーンズタウンを構成して終わりにしました。


d0005186_856478.jpgこの遊びの中で、子どもたちは遊びながら友だちとの関わりをつくったり、人の作品をみていろいろ感じたりするので、大切な鑑賞の時間になります。
授業時間が終わったとき、「まだ遊びたーい!」と多くの子どもが言っていました。


d0005186_902272.jpg3・4時間目は6年生、「さまよえるオランダ人」。このクラスは一番遅れていましたが、あと2回で終わりにしました。来週は完成にします。
そろそろ船の浮かんでいる海に色を入れる人が多くなりました。先週胡粉を塗った人はそのデコボコを活かして波を表現しています。航跡を描くと急に船が進み出しますから面白いです。


d0005186_944838.jpg男子の数人がお互いの船を机の上で走らせながら、海上の戦いをしていました。
「攻撃!」
「大砲いくぞ!」
なんてことを言いながら楽しんでいました。
by es36_zuko | 2008-06-28 08:59 | 今日の授業 | Comments(0)

2008/06/26 (5年生/4年生)

d0005186_13304020.jpg1・2時間目は5年生、「バリバリな顔」。
今日は特別時間割で、40分授業のため、時間がかなり少なめ。しかも、子どもたちが図工室に来るのが少し遅れたために開始も遅い状態で始まりました。
クラフトテープを破ったものを貼って顔を描きます。自画像ですが、鏡は使っていません。心の中の「バリバリな自分」を表現していくのです。


d0005186_1331188.jpgクラフトテープには絵の具がつきませんので、これをマスキングとして利用しています。マスキングテープよりはビリビリした感じで破れて、荒っぽい雰囲気がでます。大きな空間は形を割ってみるように提案しています。ステンドグラスのようなイメージも出てきます。
クラフトテープですと、予算は低めですが、難点は、マスキングがはがれにくいところ。多少抵抗感がある方がハラハラして楽しいですけどね…。


d0005186_13312042.jpg3・4時間目は4年生ですが、この日はもう一つのクラスの方が老人施設の見学に出かけるため、学級担任の引率を考慮して5時間目まで授業を行いました。ですから40分授業ですが、3時間ぶっ続けです。
ということで、今日は思い切って、今回で今までの題材を終わらせる事にしました。つまり「ビーンズ鉄道」最終回です。


d0005186_13315380.jpg塗装やディテール(細部)まで心を配ってつくります。いつもこういう終りの時に欲を出して思い切った表現が出ることがあって、「えっ!!こうなっちゃたの?!」とビックリしてしまうことも。終り頃は、案外忙しくて、おおざっぱになりがちですが、できればよく様子を見ながら細やかにみていきたいところです。
by es36_zuko | 2008-06-26 13:37 | 今日の授業 | Comments(0)

2008/06/25 (3年生/5年生)

d0005186_2338860.jpg3年生のこのクラスも今日で「ビーンズハウス」最終回です。
ひとりひとりの作品写真の撮影と、ビーンズタウン遊びが今日のメニュー。全員の作品写真を撮りおわったころ、女子と男子に分かれて「ビーンズタウン遊び」です。先日つくったピンポンくんが気に入っている子どもが多く、ビーンズタウンでしきりと遊んでいました。


d0005186_23515493.jpg写真撮影が少々長引いているころ、手持ちぶさたな男子の数人は、自分たちで勝手にビーンズタウンをつくって遊んでいます。男子らしいのは、自分たちの発想でボール紙を並べて道路に見立てての遊びを考えてしまったこと。


d0005186_23471186.jpg3・4時間目は、5年生。今回から「バリバリな顔」という新しい題材です。
この題材のオリジナルは、(たぶん)練馬の岩田先生の「ガムテープ自画像」。クラフトテープを貼って自画像を描いていきます。これはマスキングになっていて、空いたスペースに色を塗って仕上げていきます。私はその題材に多少の自分流の脚色をして題材に取り入れています。

5年生は、特に男子が工作が大好きなので、「絵を描くよ」というと相当な拒否をする子どもが多いのです。今回の題材は、クラフトテープを引き裂きながらの活動ですので、そういった子どもたちも楽しめる題材かもしれません。

「バリバリ…」と破いてはがして…という活動をイメージしてこんな題材名で行っています。「バリバリ」な雰囲気の表情を描こう、と提案をしました。
by es36_zuko | 2008-06-25 23:50 | 今日の授業 | Comments(0)

「ビーンズハウス」(3年生)

d0005186_2239611.jpg
by es36_zuko | 2008-06-24 22:39 | 作品 | Comments(0)

2008/06/24 (6年生/3年生)

d0005186_22204049.jpg1・2時間目、6年生「さまよえるオランダ人」ラスト2回。
今日は、子どもたちに「今日を含めてあと2回で終わりにしよう」と言いました。次回がラストになります。
塗装の話は全体で何回かしたのですが、なかなか理解されないのか、相変わらず「素材感」がバレバレな作品も多いです。今日は、個人個人に向け、丁寧に説明しながらまわりました。木工用のニスがわりと気に入る子どもが多くて、木やボール紙に塗っていました。塗ったところはボール紙も突き板も、古びた木材の雰囲気が出て、案外かっこよく感じたようです。


d0005186_22272950.jpgそれと、ドロドロ粘土状の胡粉。この写真の作品は、なかなかいい感じに使っていて、嵐の時のうねったような激しい海の様子がよく表現されていました。


d0005186_22293110.jpg3・4時間目は3年生、「ビーンズハウス」の最終回。今日は、作品の写真撮影を行い、その後はビーンズタウンをつくって遊んで楽しみました。
この写真は女の子の町。色とりどりで、楽しそうなビーンズタウンです。ピンポン君で色々な家に訪ねて行って楽しく遊んでいました。


d0005186_22333176.jpgこちらは男の子の町。女の子と全然雰囲気が違いますね。男子はどちらかというとアトラクション的、というか、効果を狙った家が多くてダイナミックです。
女子とは正反対に、家の並べ方などをめぐって悪口を言い合いになりケンカが始まってしまいました。
「なんで楽しいはずの時にケンカするんだよぉ!?」
思わず怒ってしまいました。
4時間目が終わったらドッと疲れがきました。
by es36_zuko | 2008-06-24 22:37 | 今日の授業 | Comments(0)

2008/06/23 (4年生/6年生)

d0005186_22401318.jpg1・2時間目は4年生、「ビーンズ鉄道」
今日は、授業の最初に、「今日を含めてあと2回で終わりにしよう」と提案しました。まだそれでも足りなそうな子どももいますが、あまりダラダラとやっていてもあまり良いとも言えません。制作に集中できれば少しの遅れも追いつくでしょう。
建物や線路に色を塗ることも大切になってきました。大きな構成物として、「地面」「線路」「建物」という3つがありますが、色がいっしょではこの3つの構成が渾然一体となってしまうので、それぞれの存在をはっきりさせて、立体の構成としての強さが必要になってきます。


d0005186_22513113.jpgジオラマの中の建物にもそれぞれ特徴が出てきて、駅や鉄橋やタワーなどバラエティーが豊かになってきました。
どういう建物をジオラマに配置するかによって作品としての個性や子どもの趣向が色濃くでて、それぞれの作品の性格が極だってくると思います。


d0005186_238830.jpg
3・4時間目は、6年生、「さまよえるオランダ人」。今日が最終回です。
授業の最初で、「完成ってなんだろう?」という疑問を子どもに投げかけました。自分の作品を満足いくまで仕上げていく、ということに対して、子どもたちがこの授業のなかで何かを感じ、考えてみて欲しいと思ったからです。


d0005186_2315113.jpg船ができて、「完成です」と言ってきた子どもがいました。よく観ると何かが足りない雰囲気。作者の子どもも「完成」と言ってみたものの何かもの足りなそう。
その作品には、全く船員がいませんでした。器だけあって中身が無い様な空虚感が漂います。子どもは「お豆下さい」と言いました。
あとで立ち寄ってみると、写真のようなお豆がつくってありました。この豆が船に乗ったら何かストーリーが生まれてきそうな予感がしますね。
by es36_zuko | 2008-06-23 23:00 | 今日の授業 | Comments(0)

北区研究部の研究会に参加してきました(豊川小)

d0005186_2393827.jpg7月10日に行われる東京都北区図工部研究授業の事前検討会に参加してきました。
授業者は若い女性の先生。最近、チマチマとした表現が多くなってきた6年生にダイナミックな表現をしてもらいたい、という願いを込めて、墨を使った造形遊びのようなものをしたいそうです。
前回の研究会では、墨でどんな表現ができるかいろいろ集まったメンバーで試してみたのですが、「造形遊び」というよりは「描いたいものを描く」というような内容に傾きかけ、「墨自体の美しさを追求」するみたいな方向に行っていました。「墨を擦らせたい」とか「筆づくりをしたら」というようなものから、「和紙のにじみ」や「墨のにおい」まで、様々なメンバーのそれぞれの墨に対する思いが交錯してしまいます。
でも、最後はもう一度授業者の一番最初の思いに立ち返り、「墨の魅力」よりも「体を使ったダイナミックな表現」を重視する方向で墨汁を使う、という形に落ち着いてきた感じでした。
北区の研究部は、ベテランや若手がうまく関わり合って熱心に研究を進めています。さて、どんな授業になるでしょうか?
by es36_zuko | 2008-06-20 23:23 | 研究会 | Comments(0)

2008/06/20 (3年生/6年生)

d0005186_22474575.jpg前にも書きましたが、金曜のクラスが一番授業が遅れています。1・2時間目、3年生のこのクラスも「ビーンズハウス」はほぼ終わり、今日からビーンズカーをつくります。(そうそう、先週は船づくりに流れそうになってしまったのでしたね。)

子どもたちの細部への表現が面白くなってきました。この写真は、スノーボードをやっているお豆ちゃんですね。雰囲気が実にイイ!!決まっています。


d0005186_22523210.jpgこのクラスの男子は、とにかく作品が大きめ。この写真の作品は、このクラスの最大級。とにかくビッグな「ビーンズハウス」。果てしなく広がりそうな雰囲気でしたので、「もうこのくらいにして…」と頼んで押さえてもらっています。これ以上大きくなるとボール紙では強度が保てなくなりそうで、お持ち帰りの際に崩壊しかねません。


d0005186_22561591.jpg3・4時間目は6年生、「さまよえるオランダ人」。ずいぶん時間が経過していて、そろそろ終わらせたい気分になってきましたので、「来週で終わらせよう!」と提案しました。
3年生同様、細部に表現が増えてきています。
この写真は、船の中に置いて戦わせる騎馬と兵隊らしいです。作者は「三国志」のファンで、そういう趣味のコダワリが作品のなかに自然とにじみ出てきます。


d0005186_231313.jpg胡粉でつくったドロドロ粘土を希望者に与えました。乾燥の後から色を付ける人や混ぜて色をつくる人などアプローチは様々です。
この写真の作品は、粘土が乾ききらないうちに絵の具と混ぜて、へらでうまい具合に波を表現しています。すごく巧み!
by es36_zuko | 2008-06-20 23:05 | 今日の授業 | Comments(0)

2008/06/19 (5年生/4年生)

d0005186_23505459.jpg1・2時間目は5年生、「ロボヘッド」最終回。今日は、写真撮影を中心に授業をしました。数人仕上げの段階でしたが、たいていの子どもはもう完成しています。写真を撮る時にも、「ここ撮ってね」とか「ここの機能を写してね」という注文があります。撮る直前に手を入れたりで、写真を全員撮り終わるのは2時間目の終わり頃でした。写真の終わった人は、手のひら大の自由制作。なんだか男子の数人は武器の様な雰囲気のものをつくっていたので、持ち帰る際は十分注意しました。(-_-;)


d0005186_23572863.jpg完成作品から
「省エネ!!しあわせをよぶ青い鳥ロボット」
「取りあつかい…」が「鳥あつかい…」になっているところが笑えます。なかなかの力作。


d0005186_23594050.jpg3時間めは、4年生「ビーンズ鉄道」。この日は、縦割り班での活動が4時間目に入っていたので3時間目のみの授業でした。
1時間で片付けまではきつかったのですが、なんとかせかせかとやってしまいました。あっというまに授業が終わってしまいます。やはり図工は2時間続きでないといけません!!
by es36_zuko | 2008-06-19 23:53 | 今日の授業 | Comments(0)