図工の題材や教材、指導について、日頃の授業の様子から紹介しています。


by tamamushi

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
授業風景
作品
お知らせ
報告
日記
道具や素材
今日の授業
研究会
おすすめ
未分類

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2011年 04月
2009年 06月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月

フォロー中のブログ

都図研研究局
おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
第8回 図工だいすき子ど...
美術と自然と教育と
図工準備室
K&K+k&aの生活
ハートでアート
「図工・美術教育」 子育...
フォルカーの部屋 Wha...
Dolce Vita ~...
むしとりだいすき
図工の時間
40゜&Yoo
いわいさんちweb
かたちと いろの おまつり

リンク

ライフログ


子どもの絵の発達過程―全心身的活動から視覚的統合へ


明和電機 魚コードのできるまで


小学校図画工作科ワクワクのびのび造形遊び―総合的な学習に生かす35の実践


トントンギコギコ図工の時間


乳いろの花の庭から


希望の美術・協働の夢 北川フラムの40年 1965-2004


夏の砦


BBC ウォーキング with ダイナソー~恐竜時代 太古の海へ


明和電機のナンセンス楽器


学校で用いる文具・道具の使い方早わかり (教育技術MOOK COMPACT64)


図工室にいこう―こどもがつくるたのしい時間


虫捕る子だけが生き残る~「脳化社会」の子どもたちに未来はあるのか~ (小学館101新書)


図工室にいこう 2 アートが生み出す子どもの未来


アートフル図工の授業―子どもをひらく題材ノート


きみはなまいきなかみさまだ―谷川俊太郎と子どもたち (子どもの詩の絵本)


子ども主義宣言―子どもたちのリアルと図工の時間


美術手帖 2014年 05月号 [雑誌]

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

教育・学校
アート・デザイン

画像一覧

<   2008年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

2008/05/30(3年生+運動会装飾係)

d0005186_22141284.jpg今日の授業は、運動会リハーサルのために無し。(放送担当の私は、2時間目からリハーサルに参加して音楽のタイミングを合わせていました。)午後からは運動会の係活動の時間。私は装飾係をかけ持っています。

去年までの入退場門が老朽化したので、今年からリニューアルです。でも、大してデザインは変わっていません。これを4本。この3日間くらいでつくりました。様々な仕事のかけ持ちで、正直、つくり直さなければ良かったと思ったくらい忙しかったです。
でも、できあがってみると、やっぱり新しいのはイイですねー。(o^^o)


d0005186_22194697.jpg先日授業で3年生がつくった「エールマン」が入退場門に合体しました。きれいにレイアウトしたのは5・6年生の装飾係です。明日の(明後日かもしれませんが…)運動会を楽しく応援してくれます。
試しにグランドに立ててみました。その場に居合わせた係の子どもと記念撮影です。
by es36_zuko | 2008-05-30 22:21 | 今日の授業

今日の授業20080529(5年生/4年生)

d0005186_1337428.jpg1時間目が運動会全校練習の予定でしたが雨で中止。5年生の授業は正常に1・2時間目にできました。「ロボヘッド」(何回目だっけ?)の続きです。今回は、アルミ缶を素材として使って、金属の質感をプラスすることが中心です。メインはネジどめ。アルミ缶をネジでとめていくことで「機械」のイメージを強めます。
みんなネジどめを夢中でやっています。班で2本程度を用意したプラスのドライバーが足りなくなりました。(^_^;)


d0005186_1338598.jpgこの2時間は結構充実していましたので、来週でこの題材は終わりにしようと提案しました。丁度良い頃合いらしく、子どもたちの多くも納得のようです。
題材の終わり時はいつも悩みます。全員が同じ速さで制作が進めば楽なのですが、絶対にそうはいきません。一番困るのは、早く終わって時間を持て余してる人たち。1時間程度の「ミニ題材」があれば良いのでしょうけど、これがまた難物です。この題材がスゴク魅力的ですと、まだ終わっていない子どもたちがその「ミニ題材」をやりたくなって、それまでの作品を適当に終わらせてしまうからです。ですから、「ミニ題材」は、前の題材と方向があまりズレることが無く、程良い魅力のものを選ばなくてはならないのです。
さて、今回は「ミニ題材」が必要になるでしょうか…。


d0005186_13382678.jpg3時間目は4年生の「ビーンズ鉄道」4回目。運動会練習の予定表をみると、4時間目が4年生の練習になっています。ですから今回は3時間目だけかな、と思っていたのですが、図工室に入ってきた子どもたちに聞くと、「練習は雨で無くなったよ!」嬉しそうにいいます。こちらも、「それはラッキー」とばかりに2時間の授業のつもりでいたら、「練習あるよ。どうしたの?」と4時間目の初めの方で学級担任があわててやってきました。「えー!練習あるの?!」子どもも私もびっくり!急いで片付けをして体育館に送り出しました。
ということで、授業中の写真は全く撮れず、片付けの写真です。図工室が狭く、また作品保管室のようなものもないので、よく作品保管用に屋上へ続く階段を利用します。ほとんど屋上は使っていないので都合の良い場所です。

by es36_zuko | 2008-05-29 13:38 | 今日の授業

今日の授業20080528(3年生/5年生)

d0005186_22291147.jpg今日も1時間目は運動会の全体練習。2時間目からの授業です。3年生、「ビーンズハウス」の3回目。増やした土地に新しいビーンズハウスをつくり、最初につくった家と合体していきます。今日は1時間しかありませんので、「つくる場所を決めていきましょう」と言いましたが、3年生には、あまり関係ない、という感じでマイペースでやっています。


d0005186_22342019.jpg豆を増やしていくと新しいイメージが沸いてきて、お豆ちゃんの生活空間が楽しくなってきます。
写真は、家の周りを滑り台でいっぱいにした作品。ちゃんと豆が滑って行けるように工夫しています。


d0005186_22372283.jpg3・4時間目は、「アートカード」を使った鑑賞の授業。西洋美術館で美術館鑑賞の授業を行うための事前学習です。東京国立近代美術館からアートカードセットを5セットを借りた際、授業を見学させて欲しいという申し出を受け、今日の授業は、東京近代美術館から2名、西洋美術館から5名、アートカードのデザイン担当の方、ガイドのイラスト担当の方、という9名のギャラリーを迎えての授業になりました。

今日は、子どもたちに以下の3つのポイントに気をつけて遊ぼう、と提案しました。
1.作品をよく観察すること
2.自分で考え、自分の言葉で述べること
3.友だちの意見をよく聞くこと

これは、先日の授業を受けて考えました。

今日は教室の生活班を利用して、6つのグループ(各班5〜6名)で行っています。


d0005186_22502963.jpg最初は、ルールの簡単な2つのゲームを紹介して、まずはその2つで楽しんでから、ガイドブックに書かれた他のゲームをするように提案しています。
1つは、「にたものつながり」ゲーム、もう1つは、「ペアをみつけろ」ゲーム。

ゲームが始まって気がついたのは、やはり3つのポイントを提案した効果があり、先日の授業で「パッパッ」とカードを判別していた様子が改善されて、1枚1枚丁寧に見るような様子が随所でみられました。
また、ゲームの勝ち負けよりも友だちの意見に耳を傾ける様子もたくさん見受けられました。

写真は、「カレンダーをつくろう」です。
カードの中から、季節にふさわしい作品を選び、どうしてその作品を選んだかを発表し合います。子ども独特の感じ方が現れたり、作品の中の微妙な表現を見つけたりしてユニークな発表をしていました。

続きを読む
by es36_zuko | 2008-05-28 23:03 | 今日の授業

今日の授業20080527(6年生/3年生)

d0005186_21561027.jpg運動会が今度の土曜にあるので、今日から全校の練習が始まりました。1時間目がその全校練習で無くなって、2時間目からの開始です。
6年生「さまよえるオランダ人」。このクラスはまだ2回目です。月曜日にあるクラスはすでに完成に近くなっているのに対して、火曜日のクラスはこの進度です。普通は月曜日が振替休日などで無くなるケースが多いのですが、今年度は火曜日や金曜日が遅れがちになっています。そのうち追いついてくるでしょうが…。
ということでテンヤワンヤのうちに授業が終わって写真を写すのをうっかり忘れてしまいました。片付けが遅れていた子どもの作品のいくつかをギリギリに写した状態です。
この作品は、船を金で塗りつぶしています。すごい豪華な船!まるで金閣寺のようです。


d0005186_2263983.jpgこちらの作品は、甲板部分に薄い板を敷き詰めた表現。これから船のかたちに合わせていくのでしょうか。このままの形を残して表現していくのでしょうか。今後に興味が沸きます。


d0005186_2295197.jpg3年生のこのクラスは、今日は学級担任がお休みのため、運動会の学年練習にあたる3時間目を4・5時間目に授業を移動しての実施。
「ビーンズハウス」は2回目。前回つくった家の中に、生活に必要な道具や家具をつくって、お豆ちゃんが快適な暮らしができるように考えていきます。
この写真の作品には、お豆ちゃんがかわいいふとんで寝ています。


d0005186_22145698.jpg1軒目ができあがってから2軒目をつくっていく子どもが多かったです。このクラスは比較的イメージが豊富な子どもが多く、楽しい発想がどんどん出てきますので、多少、豆を多めに渡していきました。
写真の作品には、お豆ちゃんの映画館と博物館が表現されています。映画館の客席に応じて豆の数を多めに渡しました。

運動会前で、係活動や準備が大変忙しくなってきました。コメントの対応が遅れるかも知れません。すみません。
by es36_zuko | 2008-05-27 22:19 | 今日の授業

今日の授業20080526(4年生/6年生/5年生)

d0005186_2129930.jpg4年生、「ビーンズ鉄道」3回目。前回つくった電車をジオラマに置きながら町づくり。町はビーンズハウスの方法を使って、生活感のある住宅をつくっていきます。線路のすきまの敷地の面積に合う家の土台を探すのが案外苦労していました。


d0005186_21331024.jpgやっぱり、電車も家もいっしょになると夢が広がってきそうです。今後の展開が楽しみです。

接着剤の使い方がどの学年でも乱暴になってきて、今日は授業の最初に注意しました。高価な接着剤なのでいっぺんにたくさん渡せないのが難しいところです。とりあえず、新品に近い状態のものは各班に2個。それでも使いづらい人は、少ししかなくなって絞りにくくなったチューブを限界まで寄せて用意し、「使いづらいけど、接着剤を独占したい人用マイ接着剤」としていくつか用意しました。


d0005186_21345225.jpg3・4時間目は6年生の「さまよえるオランダ人」。あと2回くらいで終わらせようと考えています。今日は、帆船の写真をコピーして配りました。帆の形状やマストの様子などが参考になったようで、けっこうリアルな表現も現れてきました。


d0005186_2137477.jpg帆を巻き取ったような表現。さすが6年生です。芸が細かい!


d0005186_2138517.jpg本日のメインはコレ。木工用ボンドと胡粉を混ぜ合わせたドロドロ粘土状の絵の具を用意して、波の盛り上げ効果を狙います。代わりに「ホイップ粘土」という商品でも良いです。
これには船と土台の接着を強力にする効果もあります。


d0005186_214262.jpg5時間目の1時間だけ5年生の授業をしました。先日、鑑賞カードの授業を1時間だけしたので、この時間は「ロボヘッド」工作の続きです。ただし、時間があまりないので「着色」のみの限定メニュー。

独自の絵の具(色)づくりに燃えている人が多く、あまり仕事ととしては進まず、大量の絵の具が生み出されました。(^_^;)
by es36_zuko | 2008-05-26 21:45 | 今日の授業

今日の授業20080522(5年生/4年生)

d0005186_127159.jpg先日このブログでも紹介した国立美術館のアートカードセットが届きました。今日はこの鑑賞キットを使って授業をします。
今日は、運動会の練習が1時間目に入り、さらに、午後の教育会のために5分短縮の特別時間割なので40分間だけになります。
この時間は、国立近代美術館から教育普及の学芸員さんが来て、授業を見学してくださいました。


d0005186_12194014.jpg説明段階から興味津々で、鑑賞キットが配られるとすぐに活動が始まりました。多くの班が、最初は神経衰弱風の「ペアをみつけろ」ゲームから始めていました。2枚めくってそのカードの共通点を説明できると自分の獲得カードになるというゲームです。
最初のうち、子どもたちはカードを「パッパッ」と素早くめくり、「サッ」と判断してしまっていたのですが、しだい次第に作品の細かい描写や表現までみて、様々な判断や感じ方を発表しあってくるようになりました。


d0005186_13164079.jpg問題としては、班の中で、男子対女子というような対立で勝負をしてしまって勝ち負けを気にするため、相手のユニークな感じ方に対して反対する意見を言い合う、というような雰囲気になっていく班も多かったです。勝ち負けをあまり意識させず、相手の意見を尊重していく雰囲気をつくっていけるように導入を考えていかなければならないと感じました。



d0005186_13205987.jpg3・4時間目は4年生「ビーンズ鉄道」の3回目
先週つくった電車をこんどは線路においてみて制作を進めていきます。3年生の「ビーンズハウス」のことを話して、この方法を応用しながら町をつくっていこう、と提案もしました。


d0005186_13225933.jpg線路に電車がのることにより、よりジオラマの雰囲気が増して、それを取り巻く町や自然の風景をつくってみたくなってきます。
なるべくこの町に住んでいる住民の生活が感じられるような表現を考えて欲しいです。
by es36_zuko | 2008-05-22 13:25 | 今日の授業

今日の授業20080521(3年生/4年生)

d0005186_14293769.jpg「ビーンズハウス」3年生、2回目。1つの土地に1つの家ができた人は、また手のひらサイズの土地にもう1つの家をつくっていき、となりにくっつけることができます。こうして最大3つまでの家をつくって合体させて、「ビーンズハウス」を完成させていきます。
庭をつくりたい人は、また手のひらサイズを超えない広さでボール紙か板を家に合体させて庭にしていきます。
保管場所が狭いのと強度を考え、こうした制限を設けてあります。また、ある程度のフィールドを子どもたちに示していかないと土地や家が際限なく広がり、子どもによっては、ただ広げていくことに興味を示したりして家の中の様子やお豆の家族のストーリーが二の次になってしまうからです。


d0005186_14392460.jpg広さや高さなどのフィールドに制限を示すことで、そのぶん限られた空間の中に興味が広がり、お豆ちゃんの生活や物語に対しての表現が増していきます。また、今回は材料にも制限をつけています。「土地のみに木を使い、それ以外は全て紙でつくる」ということです。ここには、私の美的な感覚やコンセプトのようなものが反映されています。
豊富で多種多様な材料や、制限の無い自由は、かえって子どもたちの表現を表面的でやせたもにするのではないかと考えているからです。

写真は、部屋の中にループ滑り台がある表現。限られた空間を自由に楽しむ子どものアイデアがうかがえます。



d0005186_14541922.jpg3・4時間目は、5年生、「ロボヘッド」。この題材も終盤戦。「あと2回で仕上げてね」と授業の最初に伝えました。多くの子どもが着色に入っています。2時間集中して作品に取り組むのは大人でも疲れます。子どもの中には、途中で緊張がとけてしまう人もいますが、ほんのちょっとの努力(図工で「努力」とかあんまり使いたくないのですけど…)で作品の魅力が増すので頑張って欲しいところ。どうも着色ということが子どもによっては「作業」に感じられるのではないかと思います。
「着色」ってどうかんがえましょうか?
by es36_zuko | 2008-05-21 14:50 | 今日の授業

今日の授業20080520(6年生/3年生)

d0005186_0454.jpg6年生、「さまよえるオランダ人」の2回目。前回、船の胴体づくりの途中で終わってしまっている子どもが多く、胴体づくりの方法を再び教えたりすることに。進度が一番遅れているクラスは、前のクラスの友だちの作品を参考に見ることができる特権もあります。
そのせいか、胴体にのぞき穴をカッターで開けてみたり、ビーンズハウスの方法を取り入れてみたり、様々な工夫やアイデアが活かされていきます。遅れるのも悪くないかも…。


d0005186_0143853.jpg3・4時間目は3年生。ビーンズハウスの2回目。
金曜のクラスで高層ビル傾向の作品が多くなってしまったので、今回はマンションではなく一戸建ての話をネタに進めました。導入の時の子どもたちの様子はすごくイイ感じ。みんなビーンズハウスに興味を持ってくれました。
作品は、やはり前のクラスに比べると低めな高さになりました。導入時のこちらの話のきっかけ次第で作品の印象がずいぶん変わるものです。


d0005186_0275192.jpg家の中の小物をつくると部屋の中の生活が想像できていますね。授業中の子どもたちのつぶやきにも無数のストーリーがあります。

この作品も、お豆ちゃんのテーブルに小さなカップがのっていて、2人のお豆ちゃんのくつろいでいる様子がわかります。
by es36_zuko | 2008-05-21 00:27 | 今日の授業

とりようによっては…

d0005186_15583452.jpg工作用の材料を大きめな板から切り出して手のひらサイズにしていく過程で、ふと思いついたことがありました。
普通ですと、そうして使いやすいサイズに切ってあげた材料を箱の中にまとめて入れて子どもたちが取りやすく(または、先生が配りやすく)して使っていくのですが、子どもたちに素材を提供していく時に、使いやすくサイズカットされた材料を迷わずに選べることが果たしてよいのだろうか、という疑問が浮かびました。
私はズボラなほうなので、材料をきっちりと整理整頓するのが苦手で、切った材料をガバガバ一緒くたに箱に突っ込んでいましたが、選別した材料を別な箱に区別するよりその方が良いのかもしれない、ということです。
もちろん、「一緒くたな材料」は全く選別していないわけではないのです。全く異なった種類の材料や釘が出ているような危ないものは分けています。しかし、同じ規格のものばかりを集めたり、個性のない形ばかりを集めたりするより、様々なかたちや大きさのバリエーションをそろえて、その中から子どもが自分の使いたい材料を選んでいく方がより図画工作的ではなかと考えるのです。


d0005186_16245390.jpg子どもたちが材料を取捨選択して使い、分別して片付けていく作業も、考えようによっては造形的です。様々ある材料を、形や大きさ、種類や材質に分別していくことも「造形遊び」なのかも知れません。

ここで、自省を込めて言いますが、やりっぱなしや放りっぱなしとは意味が違うと思います。適度に散らかっていて、どこにでも素材が存在する環境を「図工的風土」という言い方であらわした方がいましたが、散らかりっぱなしでは本当の「図工的風土」にはなりません。そこにあるゴチャゴチャには、ある程度意図した「ゴチャゴチャ」があるのではないでしょうか。
by es36_zuko | 2008-05-20 16:35 | 日記

今日の授業20080519(4年生/6年生)

d0005186_23164794.jpg4年生、「ビーンズ鉄道」2回目。
今日は、バルサ材を渡して電車づくりをしました。このクラスは前回、線路づくりを2時間したので、今日も線路作りでも良かったのですが、やはり線路をつくったら電車(列車)が欲しくなりますね。先に電車を工作です。
バルサ材は、15ミリ角程度のものを長めと短めの2種類用意して、合計6個使って良いことにしました。その中から電車(列車)を2つつくることになっています。少し制限をつけないと、電車の長さ比べをするようになって、電車そのものをつくる楽しさよりもつなげる楽しさへ移行してしまいます。(「つなげてあそぶ」という活動は、別な機会に「造形遊び」として行いたいですね。)


d0005186_23245611.jpg電車の正面に顔を描いた子どもがいました。しかも、カラーリングはテントウムシです。こういうのがかわいくて大好きです。


d0005186_23273624.jpg今日の授業の時間が終わり、できあがった電車、途中の電車を箱に集めて次回まで保存します。箱の中がとても楽しいですね!


d0005186_23302317.jpg続いて、3・4時間目は、6年生、「さまよえるオランダ人」の3回目。
船の胴体部分をもの凄くリアルな色に塗っている女子の作品。最後までこのコダワリで頑張って欲しいです。


d0005186_233312100.jpg側面に、異常にでかい砲身がたくさん出ている船。海賊でしょうか。怖そうです。

3年生で「ビーンズハウス」をやって家をつくっていますが、このビーンズハウスの建てかたを応用した船室を甲板上につくると雰囲気が良くなりそうだと思いついて、みんなに紹介しました。今年の6年生は3年生のときに「ビーンズハウス」をやっているのか記憶が定かではありませんが、簡単なヒントでも6年生になると応用してくれそうです。ついでに豆ちゃんも希望者にはプレゼントしました。
by es36_zuko | 2008-05-19 23:39 | 今日の授業