図工の題材や教材、指導について、日頃の授業の様子から紹介しています。


by tamamushi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
授業風景
作品
お知らせ
報告
日記
道具や素材
今日の授業
研究会
おすすめ
未分類

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2011年 04月
2009年 06月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月

フォロー中のブログ

都図研研究局
おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
第8回 図工だいすき子ど...
美術と自然と教育と
図工準備室
K&K+k&aの生活
ハートでアート
「図工・美術教育」 子育...
フォルカーの部屋 Wha...
Dolce Vita ~...
むしとりだいすき
図工の時間
40゜&Yoo
いわいさんちweb
かたちと いろの おまつり

リンク

ライフログ


子どもの絵の発達過程―全心身的活動から視覚的統合へ


明和電機 魚コードのできるまで


小学校図画工作科ワクワクのびのび造形遊び―総合的な学習に生かす35の実践


トントンギコギコ図工の時間


乳いろの花の庭から


希望の美術・協働の夢 北川フラムの40年 1965-2004


夏の砦


BBC ウォーキング with ダイナソー~恐竜時代 太古の海へ


明和電機のナンセンス楽器


学校で用いる文具・道具の使い方早わかり (教育技術MOOK COMPACT64)


図工室にいこう―こどもがつくるたのしい時間


虫捕る子だけが生き残る~「脳化社会」の子どもたちに未来はあるのか~ (小学館101新書)


図工室にいこう 2 アートが生み出す子どもの未来


アートフル図工の授業―子どもをひらく題材ノート


きみはなまいきなかみさまだ―谷川俊太郎と子どもたち (子どもの詩の絵本)


子ども主義宣言―子どもたちのリアルと図工の時間


美術手帖 2014年 05月号 [雑誌]

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

教育・学校
アート・デザイン

画像一覧

<   2006年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

明和電機ワークショップ 5日目

d0005186_0202691.jpg明和電機のワークショップ5日目。楽しかったワークショップも最終日。みんなでつくったナンセンス製品と架空の会社をグループごとにプレゼンしていきました。会場は爆笑の嵐。こんなに楽しかったのは久しぶりでした。受講者の詳しいプロフィールはほとんど不明ですが、ただものでは無いことは確かです。みなさんすばらしいプレゼンテーションでした。(左奥の水色の服の人が土佐社長です。)

実にナンセンスでチープな作品でも、プレゼンの仕方ひとつで全然変わって見えるのです。作品というものは、作者がいかにプレゼンテーションをするかによって、全く意味が変わってくるものだと実感できました。また、プレゼンテーションをする力は図工の大切な力のひとつであると改めて認識することとなりました。授業の中にもこういう自分の作品をプレゼンテーションする機会を作ってあげて、作品をアピールする力を育むことも必要ですね。

※掲載した写真は主催者の許可を取っています。転載不可。
by es36_zuko | 2006-04-16 00:30 | 報告 | Comments(0)

雑記

最近、公にさらされる原稿や指導案などを書く機会が多いのですが、このところちょっと辛くなってきました。題材を考えるときには様々な要素を考慮して作っていきますが、それを公な場に発表するときは、それなりの必然性や他の題材との関連性でシビアにならざるを得ません。それが行き過ぎると、詰めの甘い題材を考えると罪悪のように思えてしまいます。「こんな題材では子どもがかわいそうだ…」という具合に。いけない題材も存在するのでしょうが、学校内に自分の領域だけで図工を行っている場合は、1年間という長い時間で様々な題材を行っていきますので、そこのところはほかの題材でカバーできることが多いです。私は「失敗を恐れずに、思いついたらとりあえず実行していこう」という気持ちでいつもやっていますので、実は失敗も多いのです。授業中や事後にいくつか修正を加えて、失敗をカバーしてやっているのが現状です。今年あたりは若い人をリードしていく仕事も増えたので、なおさら自分の題材の未熟さを痛感してしまいます。でも事前にあれこれ悩むより、まずはやってみる、という姿勢はある意味間違いではないと思うのですが…。
by es36_zuko | 2006-04-11 03:01 | 日記 | Comments(2)

明和電機ワークショップに参加しました

久しぶりの更新です。お待たせしました。
3月は少々スランプ気味で、春休み中は図工のことを忘れて過ごしていました。
もう新年度ですね。そろそろ頭の中が「カリコリ…」と動いて来たようです。

実は、今日で4回目だったのですが、土曜日の夜に明和電機のワークショップに参加していました。全5回のなかなか濃い内容です。参加している人は、(まだ少しの人しか分かっていませんが)デザインの専門家、ライター、SE、コンピュータのプロダクトデザイナー、建築家、学生など多種多様です。内容は、以前明和電機がNHKテレビの「ようこそ先輩」で行ったようなことをもう少し掘り下げていって、具体的に展開するような感じ。イメージを広げる言葉遊びから発想したナンセンスプロダクトを、結構いい大人が寄って集って楽しみながらプレゼンテーションしていきます。私が属したグループは、家電部門の「明和電工」という架空の会社。「いえテレビ」「トイレ携帯電話」「電灯スリッパ」「電話歯ブラシ」といったヘンチクリンな商品のモックアップを作ってプレゼンテーションをします。

明和電機は、個人的にファンだったので、よく展覧会やコンサートに行っていましたが、図工ということと明和電機が自分の中ではどういう風に関われるのかはっきりしないところがありました。しかし、今回ワークショップに参加して土佐社長の話を聞き、ファンとして関わっているだけでは分からなかった部分を知ることができたと感じています。
例えば、素材へのこだわりです。土佐さんは「ものにエロスを求めている」と言います。ものが自分のイメージにピタッとはまった時にエロスを感じるのだそうです。ですから、イメージをかたちにするとき、単なる表面的な具体化ではなく、ものそのものがイメージを語りかけてくるのもでないとリアリティーは生まれてこない、ということです。
私たちが図工の題材を考えるとき、素材というものをどのように選んでいくか迷いますが、土佐さんの素材をみる眼と共通するものがあるように思いませんか?素材というものには、ある意味、それを使う人や見る人にフェティッシュな感情を喚起するものがあるのかも知れません。素材の持っている質感、肌合い、存在感などにドキドキすることは図工の授業の中では大きな要素であるべきです。
「素材が語りかけてくるものを大切にする」と土佐さんは熱く語っていました。
私は今まで「ものが語りかけてくるもの」を本当に感じながら素材選びをしていただろうか、と自分に問い直すことにしました。
by es36_zuko | 2006-04-09 01:29 | 報告 | Comments(0)