図工の題材や教材、指導について、日頃の授業の様子から紹介しています。


by tamamushi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
授業風景
作品
お知らせ
報告
日記
道具や素材
今日の授業
研究会
おすすめ
未分類

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2011年 04月
2009年 06月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月

フォロー中のブログ

都図研研究局
おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
第8回 図工だいすき子ど...
美術と自然と教育と
図工準備室
K&K+k&aの生活
ハートでアート
「図工・美術教育」 子育...
フォルカーの部屋 Wha...
Dolce Vita ~...
むしとりだいすき
図工の時間
40゜&Yoo
いわいさんちweb
かたちと いろの おまつり

リンク

ライフログ


子どもの絵の発達過程―全心身的活動から視覚的統合へ


明和電機 魚コードのできるまで


小学校図画工作科ワクワクのびのび造形遊び―総合的な学習に生かす35の実践


トントンギコギコ図工の時間


乳いろの花の庭から


希望の美術・協働の夢 北川フラムの40年 1965-2004


夏の砦


BBC ウォーキング with ダイナソー~恐竜時代 太古の海へ


明和電機のナンセンス楽器


学校で用いる文具・道具の使い方早わかり (教育技術MOOK COMPACT64)


図工室にいこう―こどもがつくるたのしい時間


虫捕る子だけが生き残る~「脳化社会」の子どもたちに未来はあるのか~ (小学館101新書)


図工室にいこう 2 アートが生み出す子どもの未来


アートフル図工の授業―子どもをひらく題材ノート


きみはなまいきなかみさまだ―谷川俊太郎と子どもたち (子どもの詩の絵本)


子ども主義宣言―子どもたちのリアルと図工の時間


美術手帖 2014年 05月号 [雑誌]

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

教育・学校
アート・デザイン

画像一覧

<   2006年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ある研究授業から

先日、ある研究授業を見学しました。内容は、木切れを使った造形遊び。内容についてはいろいろあるのですが、ここでは省略します。

d0005186_985552.jpgところで、この作品は、そのときの研究授業でできたものなのですが、何に見えるでしょうか?授業の最後に鑑賞会があって、先生が各子どもの作品をまわり、ひとことずつ言って行くのですが、この作品を見て「これも遊園地かな?階段のようなジェットコースターがあるね」というような感想を言いました。実はこの作品の直前に見た作品は作った子どもが「遊園地」と言っていたので、つい次の子どもの作品も遊園地と思い込んでしまったわけです。それを聞いて、すぐに私の横にいた多摩第三小の柴崎先生が「ちがうよなー…。これさー、動物だよなー。」と私にささやきました。私は漫然と会場を眺めていたので気がついていなかったのですが、そう言われてよく見るとたしかに動物に見えます。試しにそれをつくった子どものそばに行って、「目がかわいいね!」というとニコッとしました。やはり動物だったんですね。指導されていた先生は新任の先生だったのでこれに気がつく余裕がなかったのかもしれません。しかたがありません。しかし子どもの作品の読み取りを誤るとずいぶん結果が異なるなあ、と実感しました。

ちなみにこの授業…使用していた教室が授業後すぐに研究協議会の会場になるため(しかも違う授業の…)、つくった作品は授業が終わると直ちに片付け。「こわしたくない…」と泣いてしまっていた子どもが印象的でした。「オレたちは造形遊びをする際、授業の前のことと後のことを念頭に入れながら考えなければいけないなー。」と柴崎さんが言っていました。
ほんとにそう思いました。
by es36_zuko | 2006-03-17 09:37 | 報告 | Comments(2)

「あなたがつづるこの1点」みうらじゅんさんの文章から

国立西洋美術館のイベントで、「いろいろメガネ あなたがつづるこの1点」という企画がありました。西洋美術館常設展の作品の中から1点選び、自分なりの見方を作文で募集したものです。
その審査員の一員であるみうらじゅんさんの審査講評の文章がとても素敵でしたので、ここで紹介したいと思います。

以下は、国立西洋美術館の「あなたがつづるこの1点」の講評からの引用です。
お書きになったのはイラストレーターのみうらじゅんさんです。

****************************************************
みうらじゅん(イラストレーターなど)

まま
 そもそも絵というものは、言葉で表現できないので描くものです。
 何かキレイとか、何かスゴイとか、グッとくるとか、ビビッとくるとか、そんな動機で描くものなのです。
 だから絵に真面目とか、不真面目とか、うまいとか、ヘタとか、そんなものは本来ありません。
 見る者が少しでも描いた者の気持ちに同感すればそれでいいのです。
 みなさんの感想には、絵というものはこう見るものだという世間の常識はありませんでした。好き勝手に思ったまま、苦し紛れに見たまま、想像が個人的過ぎて分からぬまま、とにかく“まま”書かれていて楽しかったです。大人になると、“まま”ではいけない風潮がありますが、きっと画家も見たまま、感じたまま描いているに違いありません。
 国立西洋美術館に新しい風が吹き込んでいます。みなさんの“ままパワー”のお陰です。


****************************************************

この文章にはとても共感しました。日々図工をやっている人たちはおそらく私と同じ気持ちになることでしょう。“まま”という言葉がイイですね。私たちは、この“まま”と同じ気持ちを大切に授業に取り組んでいます。
絵をみるときにも、題材に取り組むときにも、子どもと関わり合うときにも、子どもの“まま”を中心にしていきたいです。

※この文章を掲載するにあたっては、国立西洋美術館の了承をいただきました。
by es36_zuko | 2006-03-15 23:19 | 報告 | Comments(2)

「ノスタルジック東京」(5年生 6時間)2組

d0005186_16213096.jpg2組は2時間あったので、刷りは全員が終わりました。しかしかなり急ぎ足な授業だったような気がします。
なかなかインクののせ具合がうまくいかず、刷りムラがある作品が多かったのですが、刷りムラはけっこう魅力があったので細々指示せずに授業をすすめました。


d0005186_162158100.jpg2組は縦構図の作品が多かったです。文字を彫るのに苦労していましたが、やはり看板はレトロな雰囲気を演出してくれます。苦労しながらもこだわって彫っていました。



d0005186_16222415.jpg「傾いていたり、歪んだりしている方がおもしろいよ」と子どもが話していたのが聞こえました。東京の古い建物や風景に子どもたちなりの詩情を感じながら制作していたようです。
by es36_zuko | 2006-03-14 16:39 | 作品 | Comments(4)

「ノスタルジック東京」(5年生 6時間) 1組

d0005186_1004118.jpg1組の授業で失敗!卒業式の練習の時間を忘れていて、1時間少なくなってしまいました。月曜日に急遽2時間をもらうことに。おかげで全員の刷りが終わらなかったです。
ここでは、早めに刷り終わった子どもの作品を紹介します。


d0005186_101248.jpgあわてて刷りをやったので、インクの量やらバレンのかけかたなどが中途半端の指導になってしまいました。ところが刷りムラだらけの作品が意外ときれいなのです。刷りムラの色味がいい感じに奥行きを表現してくれています。案外、私が見本で刷った方がつまらなく見えました。


d0005186_1011716.jpg「版画」として評価しないで見れば、刷りムラのある作品の方が個人的には好きな絵肌になっていました。2組ではどういう形で行こうか迷います。
by es36_zuko | 2006-03-14 10:13 | 作品 | Comments(0)

「ノスタルジック東京」授業風景(5年生 6時間)

やっと成績が出し終わりました。しばらく更新する気持ちになりませんでした。

3学期も終わりになって木版画をしてしまいました。(^_^;)ギリギリの残り時数です。1回目は彫刻刀の使い方講習と下絵、2回目は彫り、3回目は刷り。あとは時数がありません。3週で刷りまで終わるのは少し余裕がありませんが、子どもたちはやる気満々で案外早く進んでいます。

d0005186_14474155.jpgテーマは、在りし日の東京の建物を設定しました。昭和初期の東京の建物の写真をたくさん探してきて、その中から気に入ったものを版画で表します。子どもたちはどういう反応をするか不安でしたが、すんなりと受け入れてくれました。前の週に「何を刷りたい?」と聞くと「風景!」という意見が多かったことを反映させたせいかも知れません。


d0005186_14521797.jpg導入では、私の大学からの友人のオーライタローくんの作品も見せて、古い建物の魅力を少し知ってもらおうと考えたのですが、彼の作品の絵はがきを見せるとみんな興味津々の様子でした。

作品は明日刷り上がります。楽しみです。
by es36_zuko | 2006-03-13 15:01 | 授業風景 | Comments(2)

ズコウスキ

浅田真央さんの話題で盛り上がっているフィギュアスケートの世界ジュニア選手権ですが、たまたま朝のニュースで見たSP第3位の選手の名前が「ズコウスキ」でした。ちょっと応援したい気分になりました。(^_^)ニュースサイトで彼女の記事を探したのですが、全く見つかりません。浅田1位、ズコウスキ2位でもなれば少し名前が出そうですが。
by es36_zuko | 2006-03-08 10:47 | 日記 | Comments(2)

「まんいん電車」(6年生 4時間)

d0005186_1744530.jpg「まんいん電車」の作品が完成しました。この授業をした直後に、遠足で東京ディズニーランドへ行ったのですが、その行きの電車がラッシュアワーだったため大変混んでいて、タイムリーに満員電車を体験できました。「先生の言ったことがよくわかりました」と言っていた子どもも多かったです。


d0005186_17472436.jpgこの時期の6年生は、授業に集中できる人とできない人がはっきり出てきます。もうすぐ卒業ですから仕方がありません。この課題はこの時期にしては楽しくできた題材だったと思います。案外、この時期に造形遊びをぶつけるのもイイなあ、と今回は思いました。来年はそうしようと考えています。


d0005186_17515041.jpg実体験が伴って作品にリアリティーが出てきたでしょうか?先週でほとんど完成していた子どもも結構加筆してくれたようです。


d0005186_1753432.jpgこういう妙な題材は中学校ではやってくれないような気がします。卒業生に聞くと、どうやら「手のデッサン」とか「平面構成」とか「レタリング」とかやっているようです。技術も必要ですけど…。(^_^;)
by es36_zuko | 2006-03-06 17:58 | 作品 | Comments(0)

「まんいん電車」授業風景2(6年生 4時間)

d0005186_1294462.jpg「まんいん電車」2回目です。
授業の最初に、満員電車に乗った体験談を話して聞いてもらいます。ここでは導入が非常に重要です。いくら都会の子どもでも、満員電車を体験している人は少なく、知識だけではない満員電車のリアルな“におい”が必要になってきます。ここは教師の実体験が効果的に子どもの意欲をかき立てます。

先週絵の具遊びをして電車の車内をつくった紙に、破いた新聞紙を貼り付けていきます。


d0005186_136861.jpg破いた新聞紙は乗客の顔に見立てます。ここでは、乗客をこちらから4種類ほど指定をしました。1.会社員(お父さんたちです)、2.高校生(女子高生もそうです)、3.おばさん、4.ヤンキー です。3と4は満員電車の乗客の中にドラマを生みます。(口うるさいおばさんや、自分勝手なヤンキーとかそういう個性的な乗客が乗ってくると何か起こりそうな気がしてきませんか?)


d0005186_1415299.jpg左右の感覚をぎゅーっと詰めると窮屈な感じが出てきます。前後にも顔を置いて、もっと窮屈にしている子どももいました。体や顔を絵の具やポスターカラーマーカーで描いていきます。


d0005186_14411.jpgさあ、この狭い満員電車の空間に何かドラマが起きそうな予感がしてきました。

今週では全員終わらなそうでしたので、予定より1時間ほど延びてしまいました。

ちょうど、卒業遠足でディズニーランドへ行く際に満員電車を利用しますので、来週の時間は実体験が伴って、作品にリアリティーが生まれるかもしれません。
by es36_zuko | 2006-03-01 01:49 | 授業風景 | Comments(0)