図工の題材や教材、指導について、日頃の授業の様子から紹介しています。


by tamamushi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
授業風景
作品
お知らせ
報告
日記
道具や素材
今日の授業
研究会
おすすめ
未分類

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2011年 04月
2009年 06月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月

フォロー中のブログ

都図研研究局
おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
第8回 図工だいすき子ど...
美術と自然と教育と
図工準備室
K&K+k&aの生活
ハートでアート
「図工・美術教育」 子育...
フォルカーの部屋 Wha...
Dolce Vita ~...
むしとりだいすき
図工の時間
40゜&Yoo
いわいさんちweb
かたちと いろの おまつり

リンク

ライフログ


子どもの絵の発達過程―全心身的活動から視覚的統合へ


明和電機 魚コードのできるまで


小学校図画工作科ワクワクのびのび造形遊び―総合的な学習に生かす35の実践


トントンギコギコ図工の時間


乳いろの花の庭から


希望の美術・協働の夢 北川フラムの40年 1965-2004


夏の砦


BBC ウォーキング with ダイナソー~恐竜時代 太古の海へ


明和電機のナンセンス楽器


学校で用いる文具・道具の使い方早わかり (教育技術MOOK COMPACT64)


図工室にいこう―こどもがつくるたのしい時間


虫捕る子だけが生き残る~「脳化社会」の子どもたちに未来はあるのか~ (小学館101新書)


図工室にいこう 2 アートが生み出す子どもの未来


アートフル図工の授業―子どもをひらく題材ノート


きみはなまいきなかみさまだ―谷川俊太郎と子どもたち (子どもの詩の絵本)


子ども主義宣言―子どもたちのリアルと図工の時間


美術手帖 2014年 05月号 [雑誌]

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

教育・学校
アート・デザイン

画像一覧

<   2006年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「ワインで乾杯!」授業風景 5年生 3時間

d0005186_1628521.jpg工作用紙の裏を使っています。クレヨンで好きな模様を描いて、その上を絵の具で塗ります。この絵の具遊びもいろいろやっているのですが、ここでの説明は省略します。


d0005186_16313645.jpg教卓にいくつかのビンを並べてあります。前回に絵の具遊びで作った下地に、ビンを見ながら描きます。描き方には少し注文を付けていて、画用紙(英字新聞を印刷したもの3種類から選択)を切って作ったビン、絵の具の線だけで描いたビン、色画用紙で作ったグラスを構成する、という3点です。


d0005186_16375582.jpg子どもたちは、ビンとワイングラスを画面の中に楽しみながら自由に構成していきます。ビンの中やグラスの着色にはパステルを使いました。テーブルや背景のことは全く触れていません。


d0005186_16425312.jpg面(新聞紙)、線(絵の具の線)、色(色画用紙・パステル)という3つの要素を意識しながら制作していくことになります。子どもに描写力や技術的なバックボーンは全く気にさせずに写生することができます。


d0005186_16492538.jpg写生といっても“「そっくりに」「よく見て描く」「質感を表現」という負担”を与えない題材です。技術指導の必要性を説くひとの声が聞こえてきそうですが、努力や辛い仕事に時間をかけてするよりも、楽しく弾けていく写生の方が好きです。
by es36_zuko | 2006-01-31 16:54 | 授業風景

「ビーンズハウス」 授業風景 4年生(4時間)

d0005186_1175025.jpgもうすぐ節分です。というわけで、今回の主役は「豆」です。スーパーマーケットで「大福豆」と書いてある白い豆を買ってきました。まず授業の最初に子どもたちにこの豆をふたつずつ配って顔を描いてもらい、「この豆は仲の良い夫婦。さあ、このお豆さんたちが住む家を作ろう」という具合に進みます。別に夫婦ではなく恋人でも構わないのですが、説明に困ります。


d0005186_1243681.jpg材料は、黄ボール紙と豆だけ。着色は何でもOKです。この学年は、以前「楽しいピアノ」という作品を作っているので、ボール紙で箱を作るのは手慣れていて、なかなか上手に造形していきます。


d0005186_1303385.jpg
階段や応接セットなど細工が細かいですね。


d0005186_1321890.jpgトイレや自家用車など、子どもそれぞれにこだわりがあり、それが楽しい要素になっています。


d0005186_1332763.jpg豆がなかよく寝ています。カワイイですね。来週はどんな展開になるのでしょうか?楽しみです。豆ももう少しわけてあげようかと思っています。
by es36_zuko | 2006-01-30 01:34 | 授業風景

「おしゃれな喫茶店 カフェ・ボーブール」 授業風景 3年生(3時間)

d0005186_2322554.jpg喫茶店の絵を描きました。パリの「CAFE BEAUBOURG」へ行った時の話しをしてイメージを持ってもらい、「パリのおしゃれな喫茶店」を描きます。英字新聞を貼って外国の雰囲気を演出します。本当はフランス語の新聞が良かったのですが、近所で手に入りませんでした。


d0005186_240776.jpg石畳や街路樹の話、金髪美女、カフェのギャルソン、カフェ・オ・レの話など、子どもたちに話していきます。こういう話をするのは楽しくて大好きです。私の話を聞いて、子どもたちはどんな喫茶店を描いてくれるのでしょうか?楽しみです。


d0005186_244957.jpgテーブルや椅子、顔の部分は色画用紙を使って表現しました。
金髪美女が優雅にタバコを吸っています。なかなかいいムードが出てきました。子どもから見た大人の世界が垣間見れますね。
by es36_zuko | 2006-01-29 02:50 | 授業風景

図工室の道具(5)

荒縄(ワラの筆)
d0005186_10303067.jpg園芸用の荒縄を7・8㎝くらいに切ったものを用意して、それを筆として使うことがあります。片方の端をすこし解して使います。不自由で上手に塗ったり描いたりできませんが、それゆえ味わいのある雰囲気が作れます。この筆を使うと、子どもたちに「巧く描こう」という気持ちが払拭され、頭に思い描いたものではなく、今そこに紙の上に現れた色と形から発想をしていくことになります。

参考:「シャ・ノワール」授業風景
by es36_zuko | 2006-01-25 10:36 | 道具や素材

図工室の道具(4)

砥石
d0005186_14293637.jpg木版画や木彫をするのに欠かせないのが「彫刻刀」ですが、持っていない子どもには、学校から推薦の彫刻刀を購入してもらいます。こういう新品の場合はほぼ大丈夫ですが、兄弟や親戚のお古や個人で購入した人には様々な彫刻刀が使われることになります。中古の場合大抵は研ぎが必要になります。
ところが、そういう彫刻刀を電動グラインダーで「ガガガッ」と火花を飛ばしながら強制的に研ぐ(と言うか削る)人が案外多いです。そうやって研ぐと刃先が熱くなって鈍ってしまいます。やはり砥石を使って丁寧に研ぐ方が彫刻刀が長持ちします。(電動砥石というものがありますが、これは電動グラインダーとは全く違います。念のため。)私も研ぎの専門ではありませんので、友人の版画家の方からご教授してもらいました。

この写真では、ふたつの砥石が写っています。これは、よく水を吸わせたふたつの砥石を、使う前にお互いをこすり合わせてから使うからです。これにはふたつ理由があります。面と面を平にするため。また、こすり合わせることにより「砥くそ」という砥石がけずれて出た粘土のようなものを出すためです。まず大切なのは、砥石の面が平らなことです。砥石は定規のようなものだ、と言われました。平ではない砥石では研ぐことはできないそうです。また、刃は砥石よりも「砥くそ」によって研がれると考えたほうがよいそうです。「砥くそ」をしっかりだすことが必要なのです。
学校で使う彫刻刀を研ぐには、まず大抵は中砥(中くらいの荒さ)の砥石で十分だということです。天然の高い砥石も必要ないようです。
by es36_zuko | 2006-01-24 14:30 | 道具や素材

「カリスマ美容師のヘアカタログ」 4年生(2時間) 授業風景

たしか以前、図工だいすき子ども美術展で弦巻小学校の山田先生が「カリスマ美容師のヘアカタログ」という作品を出品していたのを思いだして、自分流に授業に取り入れてみました。山田先生がどのようにやっていたかは覚えていないのですが、人の流儀を真似てみても大抵はうまくいかないので、こういうときは自分の流儀でやるのが一番よいです。それに「カリスマ美容師のヘアカタログ」という題材名だけで十分にイメージが広がっていきます。すばらしい題材名ですね。


d0005186_0174522.jpg色々な色の色紙や画用紙、または英字新聞を手でちぎったり、ハサミで切ったりしたものをカットモデルさんの顔に見立てます。それを4つ切りの画用紙に貼り付けていきます。顔はポスターカラーマーカーや絵の具で描いていきます。


d0005186_055502.jpgそこにヘアデザイナーになったつもりで髪型を描き加えていきます。ここに至るまでに導入として、自分が床屋に行った話や映画「シザーハンズ」などの話をネタにカリスマ美容師のイメージを膨らませています。女性の先生はもっとリアルに導入の話ができるかも知れませんね。


d0005186_0263984.jpgクレヨンを使った子どももいました。描画材は自由に選択できます。
このクラスの子どもにはアフロヘアーが大人気でした。


d0005186_0281635.jpg真ん中にデーンと大きなアフロヘアーを描いてしまった作品。すごい迫力ですね。(◎o◎)この子の周りの人はこの作品にかなり影響を受けていました。友だちの作品に影響を受けることも図工の授業の大切な要素です。「真似されたー」と抗議していましたが、「キミの作品にインパクトがあった証明だよ。名誉なことじゃん!」とか言っておきました。


d0005186_0415918.jpg楽しい髪型がたくさん並んできました。サンプルが増えてくるとそれぞれの子どもの持ち味や個性が浮き彫りになってきます。「…らしいなぁ…」と、ついうなってしまいます。


d0005186_0435017.jpg頭にピアノがあって音楽が流れる髪型。たのしいですね。今回の作品は、こういうアイデアがいっぱいです。


d0005186_0455511.jpg紙の隅っこの狭い空間に、小さなヘアカタログを作った作品。こういうかわいらしい表現が大好きです。帰り際に、子どもたちに「すごく楽しかったー!」と言ってもらえました。よかったです。(o^^o)
by es36_zuko | 2006-01-21 00:35 | 授業風景

図工室の道具(3)

接着剤  ボンド
d0005186_16161067.jpgこれは木工用ボンドです。私はこういう箱入りで大量に仕入れます。頻繁につかうので家庭用ではとても足りません。
図工の授業では、木工用ボンドは欠かせません。木材の接着はもちろんですが、紙や発泡スチロールなど、様々な材料の混在した工作でも使うことができます。乾くまで多少の時間はかかりますが、粘りがあり堅牢です。接着面が広いときは大変有効です。また先日紹介した胡粉を使うときには膠の代わりにこれを入れます。これを入れないと乾燥してから絵の具が剥落してしまいます。私はまだやっていませんが、机の上にラップを敷き、木工用ボンドを薄く塗ったものを乾燥させてラップから剥がして材料として使う題材もよく見かけます。美術手帖にも紹介された布田小学校の時任先生は、軽量粘土を紐状にしたものを輪にして壁にし、その中に木工用ボンドを流し込み乾燥させたものを組み合わせ、「ラブピースタワー」という実践をしていました。(教科書にも紹介されていましたね。)

盛り上げ用絵の具  モデリングペースト
d0005186_16371066.jpg絵画をやってらっしゃる方にはポピュラーな絵の具です。通常の使い方は、アクリルでの作品の下地に盛り上げ効果をするときに使います。大変乾燥が速く、乾くと堅牢になります。高価な絵の具なので、図工の授業では大抵は先ほど紹介した胡粉に木工用ボンドを混ぜたもので盛り上げをします。盛り上げをしたい箇所が狭く、すぐに着色を行い時などはこのモデリングペーストが便利です。高価ですので予算が少なくなってきた昨今は使いづらくなってきました。
by es36_zuko | 2006-01-19 16:33 | 道具や素材

「みてえがこう」 1年生(2時間)

d0005186_1019781.jpg

d0005186_10193836.jpg





d0005186_10195924.jpg
by es36_zuko | 2006-01-12 10:20 | 作品

「みてえがこう」 1年生(2時間)

3学期が始まりました。2学期に散らかり放題だった図工室も、冬休み中に掃除して、少し風通しが良くなりました。(^_^;) 今年は整理整頓を目標にしていきたいです。

d0005186_915234.jpg3学期早々の授業は、普段私が授業を行っていない1年生の授業を入れました。今日の題材は写生です。玄関にポインセチアの鉢植えがたくさん置いてあったので、それを中心にシクラメンやカランコエを加えてモティーフに選びました。
 まず、4つ切りの画用紙に、マーカーペンで好きな大きさの枠を書きます。これには意図があります。私たちは子どもが絵を描くときに、つい「大きく描こうね」とか言ってしまいます。4つ切りのように大きめの画用紙に描くときはなおさらです。ある時「子どもにはそれぞれの独自のスケールがあるのではないか?」という考えが浮かびました。大きな紙にも小さめに描いてしまう子どもは「元気がない」「自信がない」のではなく、その子どもが育ってきた環境や感性が影響しているからなのだ、と思ったのです。今回の題材では、それぞれの子どもの持っているスケールを知りたかったことと、自分の作った枠の中なら自由に自分のスケールで描くことができるのではないか、と思い、描く事前にモチーフを見て感じたスケールを枠としてかいてもらいました。


d0005186_948356.jpg班ごとに好みの鉢植えを選んで描き始めます。子どもたちに言ったことは、「花や植木鉢は好きな色にかえてもよい」「枠からはみ出しても良い」の2点だけです。あとは自由に描いていきます。


d0005186_953311.jpg1年生は「描くこと」という単純な行為だけでも喜んで取り組みます。一緒にいるとうれしくなってきます。学年が上がっていくにしたがってこういう喜びが少なくなってきてしまうのはさびしいです。図工室ではいつでもこういう気持ちで「描くこと」を楽しんでいける環境を作りたいと思っています。


d0005186_957768.jpg自分が「いいなぁ」と感じたところでサラッとやめます。「ここはこうしたら?」とか余計な指導はしませんでした。写真の子どもは一番最後まで残って描いていました。
by es36_zuko | 2006-01-12 09:59 | 授業風景