図工の題材や教材、指導について、日頃の授業の様子から紹介しています。


by tamamushi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
授業風景
作品
お知らせ
報告
日記
道具や素材
今日の授業
研究会
おすすめ
未分類

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2011年 04月
2009年 06月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月

フォロー中のブログ

都図研研究局
おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
第8回 図工だいすき子ど...
美術と自然と教育と
図工準備室
K&K+k&aの生活
ハートでアート
「図工・美術教育」 子育...
フォルカーの部屋 Wha...
Dolce Vita ~...
むしとりだいすき
図工の時間
40゜&Yoo
いわいさんちweb
かたちと いろの おまつり

リンク

ライフログ


子どもの絵の発達過程―全心身的活動から視覚的統合へ


明和電機 魚コードのできるまで


小学校図画工作科ワクワクのびのび造形遊び―総合的な学習に生かす35の実践


トントンギコギコ図工の時間


乳いろの花の庭から


希望の美術・協働の夢 北川フラムの40年 1965-2004


夏の砦


BBC ウォーキング with ダイナソー~恐竜時代 太古の海へ


明和電機のナンセンス楽器


学校で用いる文具・道具の使い方早わかり (教育技術MOOK COMPACT64)


図工室にいこう―こどもがつくるたのしい時間


虫捕る子だけが生き残る~「脳化社会」の子どもたちに未来はあるのか~ (小学館101新書)


図工室にいこう 2 アートが生み出す子どもの未来


アートフル図工の授業―子どもをひらく題材ノート


きみはなまいきなかみさまだ―谷川俊太郎と子どもたち (子どもの詩の絵本)


子ども主義宣言―子どもたちのリアルと図工の時間


美術手帖 2014年 05月号 [雑誌]

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

教育・学校
アート・デザイン

画像一覧

<   2005年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

「朝食はファーストフードのモーニングセット」(6年生 4時間)

d0005186_158580.jpg久しぶりに「友だち」をテーマに描いてみました。ただ友だちを描くだけでは、証明写真のようでつまらなくなります。よく一緒に手を描きいれるように指導したらしい作品を見かけます。手を描きいれると確かに顔の表情にプラスして表現の幅を広げることにつながりますが、ただ「入れる」だけでは不自然極まります。


d0005186_15144748.jpgそこで、食事をしているところを選んでみました。「ファーストフードでモーニングセットを食べているところ」と限定しています。手にはハンバーガーを持っていたり、ポテトをつまんでいたり、と様々な場面が想像できます。


d0005186_15182353.jpg背景は、人物とモーニングセットに注目してもらうために1色で塗ることにしました。理由をいうと子どもたちは納得してくれましたが、この方向性は正しいかどうか意見が分かれそうです。


d0005186_15214826.jpg2時間やった印象では、「このままではいけない!」と感じたので、次回は全体に何かかけてしまおうかと思っています。これもどうなるやら想像できません。
by es36_zuko | 2005-06-27 15:23 | 授業風景 | Comments(1)

ギザギザマン(2年生 4時間の前半 授業風景)


d0005186_133146.jpg2年生で工作の授業です。
5mmのスチレンボードのまわりをカッターできざみます。初めてのカッターを使った工作です。怪我が怖いですが、2年生の教科書でもカッターの使い方を学びます。(十分に注意したつもりでしたが、子どもが指を切ってしまいました。よく気をつけて指導しなければいけません。反省!)


d0005186_1335387.jpg電熱線を使ったカッターも使います。こちらは数が班に1つしかないので、順番で使います。この道具は、「スチロールカッター」などと言うことがあります。かなり凝った切り方ができます。


d0005186_13434450.jpg切り離したものは捨てずにおいて、ボディーの方に接着剤で貼り付けていきます。(この段階では「ギザギザ゙マン」を作るとは言っていません。)気ままに部品を構成していきます。


d0005186_1349253.jpg子どもたちは、以外に細々と刻みました。早く仕事が進んだ子どもには、スチレンボードを2枚与えました。


d0005186_13521894.jpg2枚作った子どもは、ながーく縦につなげたり、1枚を横につけてみたりして構成していきます。この辺で、ちょっと仕事を止めて、「ギザギザマン」を作るのだよ、と言います。どこでテーマを伝えるかはいろいろタイミングがあると思いますが、今回は、最初のうちは「人―人形」というイメージを持たずに作業を進めたかったのでここでいきました。


d0005186_1355514.jpg黄ボール紙を使って、手や道具・アクセサリーを作ります。足は、あとで土台に立てかけようと思っているので、作らないようにお願いしました。(何人かは作ってしまった子どもも見られましたが…)


d0005186_14134035.jpg切金を使って装飾をします。目は目玉ムービングを使いました。目玉をどうするかかは、様々意見があると思いますが、攻撃的な目を避けたかったのでこれを使ってみました。
次回は、土台につけたあと、部分的に着色して完成です。
by es36_zuko | 2005-06-27 14:23 | 授業風景 | Comments(3)

「迷路の町」(4年生 4時間)

d0005186_1315196.jpg前回、新聞紙で迷路をつくった作品に手を入れました。八つ切りの半裁の色画用紙をさらに半分に切り、その片方を半分に切り、さらにその片方を半分に切ります。さまざまな大きさに切られた紙を組み合わせて家を構成します。そして、その家にカッターで窓を切り抜いて、裏からセロファンやOHPのシートを貼ったりしています。


d0005186_1321480.jpg(作品は掲載していませんが)じつは、もう一クラス同じ下地で行ったのですが、家を各自勝手に作らせたところ、下地の迷路にとらわれて、家のスケールがかなり小さくなってしまったのです。20分休みにぐるぐる悩んで、半裁の色画用紙を切って構成する方法を考え付きました。この方法が良かったのか、悪かったのかはいろいろ意見が分かれるところです。でも、ある程度子どものフィールドを狭めて活動させることによって、逆に発想が自由になることもあると思います。
by es36_zuko | 2005-06-23 13:17 | 作品 | Comments(0)

「おっとっとう」(2年生)授業風景

d0005186_1453665.jpg
新聞紙から好きなかたちをさがして切り抜きます。


d0005186_1471215.jpg
3枚くらいつなげた画用紙に、下から積み上げて貼っていきます。
倒れそうで倒れない「おっとっとう」を構成していきます。
「おっとっと、おっとっと…」とバランスを崩しそうなまねなどをして楽しんでから貼ってもらいます。


d0005186_14103321.jpg
ノリのよい子どもは「キャー、たおれそう!」とか叫びながら作業しています。


d0005186_14122116.jpg
いい感じに積みあがってきました。


d0005186_14143462.jpg
4、5枚の画用紙をつなげたら、こんどはまわりに好きなものを描きます。


d0005186_14152414.jpg


d0005186_14153615.jpg
最後は、教室の壁に並べて貼って、鑑賞会です。
すき間に描きこまれたなぞの物体の正体がわかったりします。

この題材は、私の図工の師匠が考えた題材です。やってみるとわかりますが、実に自然な形で造形活動が展開されて、とてもすばらしい題材です。「新聞紙を逆さに読む」という小冊子に指導案が紹介されています。
by es36_zuko | 2005-06-14 14:25 | 授業風景 | Comments(6)

「卒業アルバム」表紙の絵 (6年生)

d0005186_1364966.jpg
「もうすぐ卒業ですねー!」なんて季節はずれのことを言って授業が始まりました。気が早いようですが、卒業アルバムの表紙の制作です。卒業のときにアルバムが仕上がっているためには、表紙の絵を7月くらいまでに写真屋さんに送っておかなくてはいけないのです。


d0005186_1372881.jpg
「1色1色を1年間として、6年間だから6色使って色を塗ろう。」という具合に、アルバム用の紙に絵の具アソビをしました。「サインペンを使って描くように…」注意書きがありましたが、無視して絵の具でぐちゃぐちゃします。ボール紙を使ってヘラのように使い、絵の具を重ねていきます。


d0005186_1394960.jpg
来週はこの上になにかやります。(^u^)
by es36_zuko | 2005-06-10 13:13 | 授業風景 | Comments(0)

図工専科

「図工専科」という図工専門の教師がいる地域は、全国でもごく限られたところだけです。東京都は全国の中でも、図工の環境としては特殊な地域で、ほぼ全校に図工専科がいます。東京都にお住まいの方は、当然のこととして、図工は図工先生が図工室で行う、と思っていますが、全国的にはそういうことは少数派です。(聞くところによると、兵庫県の一部と、京都府の一部、神奈川の一部の地域では図工専科を置いている学校があるようです。)ほとんどの地域は、学級担任の先生が図工の授業を行っています。なかなか他県の図工の先生にお会いすることが出来ないのですが、ブログの検索で、兵庫県の図工専科の方を見つけました。全国的には少ない図工専科ですが、もっと多くの地域に広がっていって欲しいものです。

光る?深海ギョ!
by es36_zuko | 2005-06-09 14:54 | 授業風景 | Comments(4)

「なかよしなふたり」(3年生 4時間)

d0005186_13493343.jpgd0005186_13174468.jpg
by es36_zuko | 2005-06-09 14:05 | 作品 | Comments(0)

新聞紙で…(4年生)



d0005186_1036134.jpg新聞紙をカクカクにハサミで切って、画用紙に貼っていきます。今回は新聞紙で迷路をつくりました。新聞紙は壁、画用紙の白は道のイメージです。子どもたちには言っていませんが、この迷路を下地にして、何か描いていこうか、と目論んでいます。



d0005186_1038192.jpg
「テトリスのような感じで切ってね。」「テトリスってなに?」「そーかー!テトリス知らないのか。」「えー!おれ知ってる!」「カギカッコやカタカナの“ト”の字のようなのとか…そんな形で切って貼り付けていくのだ。」などと説明に困りながら、新聞紙で迷路を作っていきます。4年生にもなるとハサミの使い方が上手です。


d0005186_10451162.jpg
ぺたぺたぺた…。ヒラヒラしないようにしっかり貼り付けて…。


d0005186_10461657.jpg
こんな感じになりました。台紙を色画用紙にする、という方向も考えましが、あとで色を塗ろうと考えたので白を選択です。


d0005186_12452971.jpg
今日の最後に、薄いこげ茶の絵の具を全体に塗って終わりました。
さて、この後どうしよう、と一週間悩みます…。
たぶんこのまま何も手を加えず作品になってしまいそうです…。
by es36_zuko | 2005-06-09 10:49 | 授業風景 | Comments(0)

「なかよしなふたり」制作風景(3年生)

d0005186_12571989.jpg この題材は、以前からよく授業に取り入れています。何年か前の都図研大会で、Shiba先生やRyusuke先生と組んで考えました。紙を半分に切って、「チュッチュッチュ」とくっつける時の“ドキドキ”した感じを体験しながら、「チューの絵を描こう!」とやった問題の題材です。その当時は「チュッチュペーパー」と呼んでいました。高学年にはとてもぶつけられません。(^_^;)


d0005186_12581579.jpg 今回のテーマは「あいあいがさ」。仲のよい二人が相合傘をしているところです。実は、けっこう立派なテーマを含んでいます。描く前に「平和」や「人類愛」について“語り”(下地は、「愛と平和のイメージで塗ろう!」と言って、塗ってもらっています)、この相合傘には「世界中の人々が平和で仲良くできるように」という願いがこめられています。


d0005186_1259298.jpg
 これは、いつも図工室においてあるアクリル絵の具です。つぎたしつぎたし使っているので、容器には絵の具がこびりついています。(まるで老舗のうなぎ屋のタレですね。)


d0005186_12591663.jpg
 ここでもスライム絵の具を使っています。最近、図工室ではレギュラー化しています。


d0005186_13204063.jpg たのしく、かわいい作品がたくさんできました。またこの場で紹介していきたいです。
by es36_zuko | 2005-06-08 13:24 | 授業風景 | Comments(0)

トントンギコギコ  図工の時間  夏休みアンコールロードショウのご案内

 「トントンギコギコ 図工の時間」夏休みアンコールロードショウのご案内を、美育文化の穴澤氏からメールでいただきました。昨年度は、この映画とは何かと縁があり、2度も野中真理子監督と上映に際しての対談をしてしまいました。(けっこう恥ずかしかったです…)

まだご覧になっていない方は、ぜひ映画館へ足をお運びください。

■■■上映情報■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

野中真理子監督作品
  トントンギコギコ 図工の時間
夏休みアンコールロードショウのご案内


●上映会場:ポレポレ東中野 
JR総武線東中野駅西口北側出口より徒歩1分、
地下鉄大江戸線東中野駅A1出口より徒歩1分

〒164-0003 東京都中野区東中野4-4-1 ポレポレ坐地下
  TEL 03-3371-0088 
URL:www.mmjp.or.jp/pole2/

●期日:7月23日(土)~9月2日(金)各日、11:10より1回上映

●料金:当日/一般・大学生1,500円 中高生・シニア:1,000円 子ども(3歳~小
学生):700円 前売/一般:1,300円 子ども:600円

●公式HP http://www.tontongikogiko.com/
●携帯サイト http://www.tontongikogiko.com/k/index.htm

●お問い合わせ先・前売りチケット申込先
トントンギコギコ 図工の時間製作上映委員会
〒160-0007 新宿区荒木町一番地 一番館ビル4F
TEL 03-5366-3007 FAX 03-5366-3008
E-mail:info@tontongikogiko.com

---------------------------------------------------------------------
by es36_zuko | 2005-06-06 15:33 | お知らせ | Comments(8)