図工の題材や教材、指導について、日頃の授業の様子から紹介しています。


by tamamushi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
授業風景
作品
お知らせ
報告
日記
道具や素材
今日の授業
研究会
おすすめ
未分類

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2011年 04月
2009年 06月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月

フォロー中のブログ

都図研研究局
おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
第8回 図工だいすき子ど...
美術と自然と教育と
図工準備室
K&K+k&aの生活
ハートでアート
「図工・美術教育」 子育...
フォルカーの部屋 Wha...
Dolce Vita ~...
むしとりだいすき
図工の時間
40゜&Yoo
いわいさんちweb
かたちと いろの おまつり

リンク

ライフログ


子どもの絵の発達過程―全心身的活動から視覚的統合へ


明和電機 魚コードのできるまで


小学校図画工作科ワクワクのびのび造形遊び―総合的な学習に生かす35の実践


トントンギコギコ図工の時間


乳いろの花の庭から


希望の美術・協働の夢 北川フラムの40年 1965-2004


夏の砦


BBC ウォーキング with ダイナソー~恐竜時代 太古の海へ


明和電機のナンセンス楽器


学校で用いる文具・道具の使い方早わかり (教育技術MOOK COMPACT64)


図工室にいこう―こどもがつくるたのしい時間


虫捕る子だけが生き残る~「脳化社会」の子どもたちに未来はあるのか~ (小学館101新書)


図工室にいこう 2 アートが生み出す子どもの未来


アートフル図工の授業―子どもをひらく題材ノート


きみはなまいきなかみさまだ―谷川俊太郎と子どもたち (子どもの詩の絵本)


子ども主義宣言―子どもたちのリアルと図工の時間


美術手帖 2014年 05月号 [雑誌]

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

教育・学校
アート・デザイン

画像一覧

カテゴリ:未分類( 3 )

今日の授業20080516(3年生/6年生)

d0005186_23283297.jpg先週の金曜日は消防写生会で授業がつぶれたため、金曜のクラスはやや遅れ気味。3年生のクラスはまだ授業での付き合いも日が浅いため、さてどんな子どもがいたのか、と記憶が薄れ気味でした。
今日から「ビーンズハウス」1回目。今日は、自分がマンションを購入した話から導入していきましたが、その話が影響してしまってほとんどの子どもの作品が高層の建物になってしまいました。ちょっとした事でクラス全体の傾向が決まってしまういけない例。固定したイメージが焼き付かないように導入を考えたいところ。


d0005186_23374332.jpgまぁ、高層の建物は、階段やエレベーターやハシゴなど、上に昇る様々な方法を子どもが考えてくれますので、コレはコレで楽しくなりそうです。



d0005186_23395744.jpg3・4時間目は6年生。「さまよえるオランダ人」1回目。
このクラスの一部の子どもたちが「船つくりてー!」と叫んだのがきっかけでこの題材を行うことを決めたので、当然ながら意欲的です。
船の胴体部分は、両端を接着剤でつけたあと、ステープラーで「縫って」います。裏側は針が鋭く立っているところがあるので、写真の様に金づちでつぶして安全にしています。


d0005186_23445393.jpgこの題材を最初に行ったクラスの様子を見て改良したポイントがココ。「L」字の紙を船の胴体の内側から貼り付けて(接着剤+ステープラー)、外側へ引っ張って船の胴体の底面を十分広げられるようにしました。
授業の中で改良できる点は積極的に変えてより良い方向を選んでいきます。子どものやり方を見ていてその方向を見つけることも珍しくありません。事前の題材研究では見つけられなかった穴や問題点が実際の授業で発見されていくからです。
by es36_zuko | 2008-05-16 23:50 | Comments(0)

今日の授業20080512(4年生/6年生)

d0005186_15143364.jpg今日の4年生クラスはビーンズ鉄道の1回目。土曜日に乗ったユリカモメのレイアウトの話から鉄道ジオラマの話へと移動して、題材の説明を行いました。
先に行ったクラスでは、橋脚用の木っ端を早々にビルや駅に使っていた子どもが多かったので材料が足りなくなった反省から、今日のクラスでは、駅やビルは来週につくることを伝え、橋脚のみの使用で徹底したため、レイアウトにやや複雑なものが出てきたような気がします。


d0005186_1520153.jpgレイアウトに凝っているため着色に進む子どもが少なく、展開としてはやや遅れ気味。でも構成が複雑な方が楽しくなりますね。

昨日は、東急ハンズに行って、バルサのブロックを大量に購入。電車の車両をこれでつくります。紙やすりで屋根を丸めたり、先端部を尖らせて新幹線のようにすることも可能です。


3・4時間目は「さまよえるオランダ人」の2回目。
授業の初っ端からテンションの低い6年生。やる気があるのか無いのか…。月曜ですからこちらもテンション低いですし、どうも不安な滑り出し。
幽霊船が公園のボートやヨットのようにならないように、「帆船」や「豪華客船」のような「船」を意識できるように話をしますが、どうも反応が少なく困ってしまいます。「俺は公園のボートでいいや。」という子どもがいて、私も気分がデッドになりました。

d0005186_15232190.jpgそれでも、いよいよ始まりだすと面白いアイデアを発想する子どもが出てきてうれしくなります。
写真は、牢獄を船の中につくった作品。囚われたひとが上手に表現されています。


d0005186_15303094.jpgこちらは、甲板のうえの部屋からつくっている作品。木にぶら下がっている人、剣を持った人。これから色々とストーリーが生まれてきそうです。楽しみ。
by es36_zuko | 2008-05-12 15:32 | Comments(2)

今日の授業20080424(5年生/4年生)

d0005186_23141311.jpg1時間目は1年生を迎える会で無くなって、2時間目から5年生の授業。ちょっと、時間が中途半端でした。前回の時間、昨日のクラスよりやや遅れていて、顔や服を黒絵の具で描き入れていなかった状態。今日はこれだけで終わるかな…、と思っていたら、意外とみんな活発な表現ぶりで、どんどん色を塗りだして、数人は完成に近いくらい進みました。でもやっぱり中途で、来週の1時間目に続きを行って完成予定。
もしかすると、吹きつけやにじみの技法を教えなくて、ただ「楽しんで塗ろう!」だけでも結構行けたかな?とふと思いました。ちょっと考えてみたいですね。


d0005186_2321625.jpg続いて、3・4時間目は4年生。今日は先週の色遊びの上にツリーハウスを描きます。通勤途中で色々考えて、多少色気を出してしまい、「木はワラの筆を使おう」とか「突き板を渡して、薄い板を貼りながら造形してみよう」とか思いついてしまいました。(「突き板」とは、壁装飾用の薄い板です。手で割ったり、ハサミで切ったりできる特殊な素材。手に入りにくいので、無い場合は経木の様なもので良いです。)


d0005186_23282789.jpgでも、やってみると突き板の質感と下地の絵の具とどうも違和感が目立ち、取って付けたような印象になってしまいました。
あとの2クラスでは、違ったアプローチを考えたいところです。
by es36_zuko | 2008-04-24 23:37 | Comments(0)